最近読んだ本

津村記久子
『アレグリアとは仕事はできない』
「地下鉄の叙事詩」収録。糸山秋子(糸は二つ)
『ばかもの』

アレグリア、美人な外国人のお姉さんを想像してましたが、複合機の名前でした。

ばかものは、官能的な場面が初めっから10ページ以上続き、あれよあれよという間に佳境に入ってる感じでした。読後感はすっきり。この作者の作品は初めて読んだので、また読みたいなぁ。
[PR]
by hon-j | 2009-05-01 08:34 | 買わない人の読む本 | Comments(0)