三井寺展に行きました

福岡市博物館で開催中の秘仏が見られる展覧会に行きました。

ポスターにも載っている黄不動尊は腕の筋肉が運動選手のよう!
後ろから見ると顔がないのと、陰影がより強調されて、本物らしく見えます。格好いい~。

しかぁし、この不動明王立像を冷泉為恭が模写した絵を見ると、筋肉の描き方は写実的ではないのです。
当時の筋肉の表現は絵画と彫刻では違うのかも。もしくは作り手の表現の違いなのかなぁ。

井上靖の『天平の甍』を最近読んだので、
経典を持って帰るのも海を渡るから命がけなんよね~、
と思いを馳せつつ、別の面からも楽しめました。

会期中展示替えがあるため、見られないものもあります。
ネットなどで確認して行くといいかも。5.10(日)迄。
[PR]